シチュカレ・02(CV:高橋英則)

马甲堆栈:

请勿全文转载(无论站内站外)。


请勿商用。




对照原生滚动字幕手敲,不保证正确率。


语音包下载在文末。




APP:(该角色语音包全部限免)


Google play


iOS 版实装恭喜




试听戳我(载入测试音)(耳机推奖)




<ノーマル編>



  1. ご機嫌いかが?ご主人様。え?その呼び方はやめてって……そう言われても、困っちゃうなー。だって君は、僕の大切なご主人様何だし。ね?そうでしょう?


  2. 博士……マスター……ーーうーん、どれもしっくりこないなぁ。他に呼び名といえば……あ、そうだ。ーー『お嬢様』、っていうのはどう?ふふっ


  3. ん?なんだか顔が赤いみたいだけど……どうかした?近い?離れてって言われても……こうしないと、顔がよく見えないからさ。ね、じっとしてて。そう、そのまま……


  4. 君の目って、とっても綺麗だね。なんでも見通しそうに、澄んでいて……。じっと見つめていると、引き込まれちゃいそうだよ


  5. ねぇ。少しだけ……頬にふれても、いいかな?ふふっ。大丈夫だよ、そんなに硬くならないで。ーーほら。まつげ、取れたよ


  6. 何か言いたそうだけど……どうしたの?僕に聞きたいことがあるなら、なんでも言って?君が知りたいことなら、何でも答えてあげる


  7. え?なんで笑ってるのって……ああ。ふふっ。君とこうしてお喋りしてるのって、すごく楽しいなー、って思って。ね、君は?君も同じ風に思っててくれたら嬉しいだけどな


  8. ねぇ、君の好きな物って何?え?僕から言うの?いいけど……僕の好きな物なんて、君が一番知ってるんじゃない?ね、ご主人様?ふふっ


  9. なんだが機嫌がよさそうだね。実験がうまくいったのかな?ーーふふっ、そっか。それはよかったね。僕も、君の笑顔を見られて嬉しいよ


  10. ありがとうって……急にどうしたの?それに、お礼を言うなら僕の方だよ。君の手伝いができるのは、僕にとっても有意義なことだし……君の力になれるのは、とても嬉しいからね


  11. あれ?なんか怖い顔してるけど……どうしたの?ーーああ、いい結果がでないのか。んー……こういう時はさ、気分転換するのがいいね。じゃあ、今から遊びに行こうか。ほらほら、早く支度して?


  12. ん?何をじっと見て……ああ、これか。君も食べたいの?いいよ。ひとくちあげる。はい、あーん。……どうして口開けないの?いらないの?美味しいのに……ふふっ、変なの


  13. あ。ちょっと待って。そのまま……動かないでね。ここ、髪はねてるよ。ーーはい、綺麗になった。うん、大丈夫。今日も可愛いよ


  14. もっと僕らを頼ってもいいんだよ?何か悩みがあるなら、ひとりで抱え込まないで、ちゃんと言ってね?


  15. 優しい?……うーん、そんなつもりはないだけど……。だって、君のために何かをするっていうのは、僕にとって最優先事項だからね


  16. やっと終わったんだね。お疲れさま。君の好きなお茶とお菓子を用意したから、こっちにおいで。あー、お礼なんて言わないで。少しでも喜んでもらえたらいいな、って僕が勝手にしたことなんだからさ


  17. ね、今日はどんな一日だった?君が何を思って、どんなことをしたのか……君のことなら、なんだって知りたいんだ


  18. ん?今日は何をしてたのって……僕?いつもと同じだよ。ずっとーー君のこと考えてた。なーんてね。ははっ!


  19. うーん……。最近、ちょっと頑張りすぎなんじゃないかな?顔色、あまりよくないよ?今日はもう休んで、明日にしよ?ね?


  20. ずいぶん難しそうな本を読んでるね。ーーおもしろい?ん、いや、貸してくれなくてもいいよ。本を読んでる君を見てるだけて満足だからさ。ふふっ


  21. あ、そうだ。この間君がおもしろそうって言ってた映画、今週末から始まるみたいだよ。一緒に観に行こうよ、ねっ。ーーふふっ、良かった。楽しみにしてるね


  22. こーら。こんな所でうたた寝しちゃダメだよ。寝るなら、ちゃんとベットで寝ないと。ご要望とあらば、抱っこして運んであげるけど?ふふっ


  23. そろそろ食事の時間だね。何か食べたい物はある?ーーこーら。それはデザートでしょ。ちゃんと栄養バランスを考えてた食事を摂らなきゃダメだからね?


  24. そういえば……僕の嫌いな食べ物って、君と同じだよね。もしかして、食事に出されないようにするためにインプットしたのかな?まったく……けど残念でした。好き嫌いより、ご主人様の健康が第一だからね。これからもメニューに出すから、ちゃんと残さず食べるんだよ?


  25. お母さんみたいって……それは心外だな。せめてお父さん……いや、これもダメだ。ギリギリ譲歩できて、お兄さん……かな?ーー本当は、もっと君に近い存在になれると嬉しいんだけどね。ふふっ





<エール編>



  1. ね、そろそろ休憩した方がいいんじゃない?あまり根を詰めすぎるのはよくないよ


  2. 難しい顔しちゃって……ほーら、もっとリラックスしてごらん?その方がアイディアも浮かぶと思うし……可愛いよ


  3. 頑張るのはいいコトだけど、頑張りすぎるのはよくないよ。そこは間違えないようにしないといけないよね


  4. ん、頑張ってるね、えらいえらい。あと少しで終わりそう?よかった。終わったら、君の好きなメニューをそろえて、お祝いしようね。


  5. いい結果が出ない時は、いったん休止するのもいいかもね。角度を変えてみることで、今までとは違う考えが浮かぶかもしれないよ


  6. ……大丈夫?ーーっと、ごめん。驚かせちゃったね。君が苦しそうな顔してるから、どうしてもほっておけなくて……


  7. ねぇ、お願いだから無理はしないで欲しいな。君が倒れてしまったら、周りの人はどれだけ悲しむと思う?もちろん僕も……考えただけて、胸が苦しいよ


  8. うーん……。確かに、どうしてもうまくいかない時ってあるよね。けどそういう時って、タイミングがちょっとズレちゃってるだけだと思うな


  9. あんまり思い詰めないで。君が泣きそうな顔してると、僕まで悲しくなっちゃおうよ。だからほら、笑って?ね?


  10. はい、どうぞ。ふふっ、いい香りでしょ?君をイメージして淹れたお茶なんだよ。一休みしてから、また頑張ろう?ね?


  11. 大丈夫。きっと成功するから。どうしてって……だって、君は僕の大切なご主人様だから。君なら絶対できるって、信じてるんだよ


  12. もうできないって……そんなことないよ。こうやって僕たちをこの世に創り出してくれた君なんだからさ。なんだってできるに決まってるよ


  13. 君に都合のいい言葉ばかり言ってるように思う?けど、そんなプログラムを組み込んでないことは、君が一番わかってるよね。だから……全部、君を思っての言葉だってこと、信じて欲しいな


  14. 失敗することは、少しも怖いことじゃないんだよ。本当に怖いのは……失敗を恐れて、何もできなくなっちゃうことだと思うな


  15. 不安なことがあるなら、僕になんでも言って欲しいな。ひとりじゃ解決できないことでも、ふたりならできるかもしれないでしょ?


  16. うまくいかないから投げ出すなんて、君らしくないな。大丈夫、君ならきっとできるからさ。僕を信じて……もう少しだけ、頑張ってみない?


  17. チュッ。ーーあ、ごめん。ビックリしたよね。君を励ましたかったんだけど、うまく言葉が出てこなくて……。思わず、キスしちゃったんた


  18. ん?どうしたの、そんなに暗い顔しちゃって。もうダメって……そんな言葉、君には似合わないな。大丈夫だって。ほら、僕も手伝うから一緒にやってみよう?ね?


  19. ちょっと難しいかもしれないけど……きっとできるから、諦めないで欲しいな。僕はずっと、君を応援してるからね。


  20. できないかもって、不安になっちゃってるかな?じゃあ僕が、何回でも言ってあげる。君は大丈夫だよ。絶対にできるから。うん、絶対に。だから頑張ろう?ね?


  21. 落ち込みたい時には、落ち込んじゃった方がいいよ。僕が側にいるから大丈夫。君の気がすむ頃にちゃんと引き上げてあげるからさ。安心して、とことん落ち込んじゃいなよ。ふふっ


  22. いつも一生懸命頑張って、本当にえらいよね。君を見てると、つい、よしよし、って頭をなでてあげたくなっちゃうんだけど……なでても、いい?


  23. 君はさ、もっと自分に自信を持った方がいいよ。君にしかできないことがいっぱいあるんだから。ははっ、嘘だと思うの?じゃあだまされたと思って、今だけでは信じてみて


  24. これがうまくいったら……そうだな、君にご褒美をあげるよ。何がいい?僕にできることなら、なんでもしてあげる。うん、君の望むこと、全部。だから……頑張って。ね。


  25. お疲れさま。よく頑張ったね。え?本当に疲れた?ははっ、そうだよね。あんなに頑張ってたんだし……本当に君はえらいよ。お疲れさま。チュッ





<暴走編>



  1. んっ……はぁー……。ーーあ。ん、ちょっと……。大丈夫だよ、心配かけてごめんね


  2. おっと!ーーあ、ごめん。痛くなかった?大丈夫?そう……じゃあ、ちょっとお願いしてもいいかな?このまま……君に寄りかかっていても、いい?


  3. ねぇ、何かあった?君の顔……いつもより、さらに可愛く見えるんだけど。それが僕以外の誰かのせいなら……妬けちゃうな


  4. ん……あれ?……シャンプー変わったっけ?変えてない……よね。僕が買ってきたんだし……。どうしてだろう?今日はなんだか、君の香りがすごく甘く感じる……


  5. はぁーっ……。こうやって君の香りに包まれてると……なんだか、おかしな気分になる。この現象って、誰にでも起こるのかな?それとも……僕だけ?


  6. 君の肌って……柔らかくて、すごく触り心地がいいよね。ん?ああ、くすぐったかった?ごめんね。じゃあ……こうやって触るのは、どう?


  7. チュッ。ーーふふっ、驚いた?目の前に可愛い耳があるから、ついキスしちゃった。ははっ!君、耳まで赤くなってるよ!……ほんと、可愛いね。


  8. ねぇ。お願いがあるんだけど、きいてくれる?そんな顔で、他の人……他の男を見ないで欲しいんだけど。どんな顔って……ーーチュッ。ーーこんな風に、キスしたくなっちゃうような顔、だよ


  9. あ、こーら。どうして離れようとするの?もう少し……このまま、僕の腕の中にいて欲しいな。


  10. 君って、本当に抱き心地いいよね。ずっと抱きしめてたいんだけど……ダメ?


  11. ーーあ。心臓、ドキドキしてるね。脈拍もどんどん上がってる。ねぇ。もしかして……興奮、してる?それって……僕に抱きしめられてるからだよね?ふふっ


  12. 首筋……赤く染まってる。ねぇ、何を恥ずかしがってるの?こうやって……僕に触られているから?ふふっ、君は本当に可愛いな。……チュッ


  13. 僕が……僕らが、絶対君のことを傷つけたりしないのは、君が一番よく知ってるでしょ?だから安心して。もうちょっとだけ、僕のワガママに付き合ってくれる?


  14. んー……君に触れていると、どうしてこんなに気持ちいいのかな?ずっとこうしていたくなる……


  15. このまま離したくない。……って言ったら、君が困るのはわかってるのにね。どうしても言いたくなっちゃった。ははっ、ごめんね?


  16. 離してって言われると……逆に離したくなくなっちゃうのはなんでだろうね?もっとずっと……こうやって、ぎゅっと抱きしめたくなる


  17. いつもの僕じゃないみたいって……ははっ、おかしなことを言うね。僕らの思考や行動をプログラミングしたのは君でしょ?だから……今、君の目の前にいる僕も、君が望んだ僕、ってことなんじゃないかな?ふふっ


  18. おかしいって……何が?僕が、君に触れたいって思うこと?プログラムのバグって……どうしてそんな風に思うのかな?僕が君を、この世で一番大切な存在だと思うことの、どこがおかしいの?


  19. 君を独り占めしたいっていうこの感情も、君が作ったの?それとも……これは、僕の中で育っていた気持ち……なのかな?


  20. はぁーー……。ん……なんだか、熱くて……少し、苦しい、かな。はぁーっ。……んー、どうしたのかな?これって、以前君が風邪を引いた時と似てる気がする……


  21. 熱いって……僕の身体が?おかしいね、一定温度に保たれているはずなのに。でも……ああ、本当だ。君の手……いつもよりひんやり感じて……すごく、気持ちいい


  22. ふふっ。ーーあ、ごめん。つい……。君が心配してくれるのが嬉しいなんて、いけないよね。っはは、ごめんごめん。


  23. 心配してくれるの?ありがとう。君って優しいね。ーーって、そんなに勢いよく否定しなくてもいいのに。ま、君の優しさは僕だけが知っていればいいか。ふふっ


  24. 今日の僕って、やっぱりおかしいのかな?いつもなら、君に絶対言えないような言葉を言っている気がする……。だけど……言えてよかった、って思ってもいるんだよね


  25. 僕を創り出しくれたのが、君で本当によかったな。お世辞なんかじゃないよ。心の底から、そう思ってるんだ。これはきっと……プログラミングされた感情なんかじゃないと思う。君と出逢えて……本当に、幸せだよ





<添い寝編>



  1. ふふっ。君って案外、心配性なんだね。調整がうまくいったかわからないから添い寝するなんて……。ま、僕は役得って感じて嬉しいけど


  2. ただ隣りで寝るだけなのに、そんなに緊張しちゃうなんて……君ってほんと、可愛いね


  3. ねぇ。そんな端にいたら、ベットから落っこちちゃうよ?もっとこっち……僕の側に、おいで?


  4. 何を警戒してるの?君が調整してくれたんだから、もう暴走なんてしないよ。不安なら、実験してみる?ほら……僕に触れて、試してみたら?


  5. もしかして……男と一緒に寝るのって、初めて?ーーっと、ごめんごめん。悪いとかじゃなくて……逆だよ。僕が初めてだったら、すごく嬉しい


  6. 誰かと一緒に眠るなんて初めてだよ。もっと緊張するかと思ったけど……嬉しい気持ちの方が大きいんだね


  7. ほら、肩出てるから冷えちゃってるよ。風邪引いちゃったらどうするの?ーーん、それでよし。ちゃんと肩まで毛布かけて眠るんだよ


  8. 眠れないの?なら、子守歌でも歌おうか?え?子ども扱いしてるつもりはないけど……大人扱いしたら、困るのは君の方なんじゃない?ふふっ


  9. あれ……もうこんな時間だったんだね。大丈夫?眠くない?ーーん、僕もまだ眠くない。じゃもう少しだけ、お喋りしてよっか


  10. ねぇ。こんな風に近くで横になってるとさ、考えてることが相手に全部わかっちゃいそうな気がしない?ーーあれ?どうして焦ってるの?もしかして、僕にバレちゃまずい事でも考えてたのかな?ふふっ


  11. 君と一緒だと、どうしてすぐに時間が経っちゃうのかな?このまま朝が来なければいいって思ってるのは……僕だけ?


  12. ね、手を繋いでもいい?ーーありがとう。このまま眠れば、君の夢に僕もいられるかもしれないね


  13. 君が怖い夢を見ても、僕が守ってあげるからな。本当だって。大事なご主人様に、僕が嘘をつくはずがないでしょ?ふふっ


  14. ねぇ、腕枕してあげよっか?……無理って……傷つくなぁ。恥ずかしいからって……そんな、照れることないのに。けど……意識してくれてるってことなら、ちょっと嬉しいかな


  15. 人と一緒に眠るのって……すごくあったかくて、気持ちいいんだね。それとも……これって、君だからなのかな?ね、どう思う?


  16. こうやって君と一緒に寝られるなら、また暴走してもいいかも。ーーははっ、そんなに怒らないでよ。大変だったのはわかってるって。でも……まだ添い寝してもらいたいな、っていうのも本音なんだよね


  17. もし僕に心臓があったら……今頃、すごくドキドキしてるんだろうな。君に鼓動を感じてもらえないのが残念だよ。ーーこういう時、人間だったらよかったよにって……少し思ったりするんだ


  18. このまま眠ったら、とても幸せな夢が見られそうだよ。ーーうん、わかってる。僕は夢を見られないけど……今だけは、そう思わせて?


  19. こんなに近くで君の顔を見られるのって、滅多にないよね。ーーあ、こら。ダメだよ、顔隠さないで。ね、こっち向いて?……ありがとう。君って、やっぱり優しいね


  20. 手を伸ばせばすぐに触れる距離に君がいるのって、やっぱりいいな。ねぇ。今夜だげじゃなくて、これからもずっと一緒に眠りたいって言ったら……どうする?


  21. ん?どうしたの、もぞもぞしちゃって。くすぐったい?ふふっ、ごめん。でも、我慢してくれる?せっかく一緒に寝られるんだから……できるだけ、くっついてたい。


  22. ……あれ?どうしたの?もしかして……泣いてる?昔のことを思い出したって……そっか。辛かったんだね。でも、もう大丈夫だよ。僕はずっと、君の側にいるからね


  23. ーーあ、ごめん。起こしちゃった?君の髪、触り心地がよくて、つい……え?もっとなでてって……いいの?ふふっ、ありがとう。……よしよし。いい夢見てね。チュッ


  24. ん?……ははっ、眠そうな顔してるね。今日もいっぱい、頑張ったもんね。無理しないで、もう眠った方がいいんじゃない?


  25. 君が眠りに落ちるまで、ずっと側にいてあげるからね。うん、約束。だから安心しておやすみ。……いい夢を。チュッ







语音包提取(原文件)


密码: 67vi

2016-04-09 54
 
转载自:马甲堆栈
评论
热度(54)
  1. Nat娜塔莉马甲堆栈 转载了此文字
© Nat娜塔莉|Powered by LOFTER